作業効率化を図る|美容業界で大活躍する在庫管理システム|システム化の未来
男性

美容業界で大活躍する在庫管理システム|システム化の未来

作業効率化を図る

IT

会計ソフトを取り扱っている会社はいくつかあります。海外に子会社があり、海外との取引が多い場合は、外資系ERPを採用する方がメリットが多いです。 理由は、国ごとに異なる商習慣に対応するには、既製のERPでないと機能を新たに付加しなければならないし、オペレーションについても現地の人間が操作可能な仕組みでないとなりません。例えば、多言語対応の操作画面やレポートなど。この点では、会計システムに限ったことではないですが、国内系よりも外資系の方が有利です。 また、海外での実績も重要なポイントで、選定作業では、過去のトラブル事例なども参考にする必要があります。

しかし、海外に子会社や関連会社がない場合や、海外との取引が少ない場合は国内系メーカーのERPの方が多くのメリットを得られます。 会計システムに関して言えば、商習慣や法律、税制は国ごとに異なり、特に法改正のタイミングは異なります。 例えば、日本で消費税の仕組みや減価償却の計算方法が大きく変更になった場合に、短期間で機能変更に対応してくれなければ業務に支障をきたす可能性があります。外資系ERPメーカーを選定した場合、日本の機能変更に迅速に対応できるかが重要な鍵となります。 最近の事例では、固定資産の減価償却計算について大幅な法改正がありましたが、この時にどの位の期間で対応されたかの実績を確認することも選定作業において重要な要素となります。 また、会計システムの法定レポートについても、外資系ERPがどれだけ充実した機能を有しているかは重要な確認事項になります。